Guest post by Seth Morris, Aerodynamicist, Richard Childress Racing

In the world of stock-car racing, finding even the smallest competitive advantage is the difference between winning and losing.

That’s why at Richard Childress Racing, we design and build our race cars end-to-end. We engineer and machine our own chassis and suspension components, we design and fabricate our own bodies, and we test and build our own engines. Everything is built from the ground up at RCR.

Cup Shop Floor 2014

Perhaps that’s why we’ve been so successful over our 48 year history – dating back to 1969 when our owner, Richard Childress, got his start in NASCAR. Since then, we’ve won 17 championships and 200 races and became the first team to win in all three of NASCAR’s top touring series. Richard’s partnership with the legendary Dale Earnhardt made RCR an elite organization with six Cup Series championships stretching from 1986 to 1994.

Today, RCR has eight full-time race teams, 500-plus employees, a 40-acre campus with an engineering staff of over 50, ranging from mechanical design, aerodynamics, simulation, strategy, and research and development. Our aerodynamics team is six engineers strong with another four fabricators tasked with crafting the components for testing in the wind tunnel. Three of these six engineers are dedicated to simulating the aerodynamics of the car using computational fluid dynamics (CFD).

Continue reading

This article was written by Rescale.

ESSS image

San Francisco, CA — Rescale is pleased to announce a channel partnership with Engineering Simulation and Scientific Software Ltd. (ESSS), an ANSYS channel partner based in Brazil, to deliver tailored cloud solutions to ESSS clients in Central and South America. ESSS brings innovative multi-physics CAE solutions into the Latin American market, distributing licenses for CAE software such as ANSYS CFD, ANSYS Mechanical, ANSYS Multiphysics, ANSYS Electronics including both high-frequency and low-frequency products, and Rocky.

Continue reading

This article was written by Rescale.

本稿は、株式会社サーバーワークスの白鳥様による寄稿です。

白鳥 貴久(しらとり たかひさ)
サーバーワークス クラウドインテグレーション部 技術1課
流体工学の分野で博士(工学)の学位を取得後、2015年4月にサーバーワークスに入社。ネットリサーチ企業のログ分析基盤、国立研究開発法人の画像解析基盤、複合機メーカーのCAE基盤などの構築を担当。

データ転送時のセキュリティと転送効率の向上を実現する”HPC Gateway for ScaleX”

クラウドの計算能力とセキュリティが向上したことにより、製造業や研究機関のお客様がクラウド上で大規模シミュレーションを行う事例が増えてきました。

Rescale ScaleXプラットフォーム(以下ScaleX)は、CAEアプリケーションとその動作環境の管理をすべてRescaleに任せられることから、多くのお客様での採用が広がっています。

エンタープライズのお客様がScaleXを使う上で、解決しなければならない課題が大きく2つあります。1つめはクラウドへのアクセス時のセキュリティ、2つめはお客様拠点とクラウド間での大容量データ転送です。

課題1: クラウドへのアクセス時のセキュリティ

エンタープライズのお客様は、セキュリティポリシーで、外部サーバーへのSSHやRDP接続を制限している場合が多いです。これらの接続は、事前申請したIPアドレスのみに対して許可されているケースがほとんどです。しかし、ScaleX上に構築されるクラスターのIPアドレスは可変であるため、セキュリティポリシーを満たしたうえでSSH接続することが困難でした。

課題2: お客様拠点とクラウド間での大容量データ転送

シミュレーションの結果を確認するため、出力ファイルをダウンロードして可視化することがよくあります。ジョブ内容にもよりますが、出力ファイルが数10GB〜数100GBのサイズになることもあります。したがってインターネット経由のダウンロードは、他の業務に影響が出ないようにするには帯域を絞る必要があり、ダウンロードに時間を要することとなります。

HPC Gateway for ScaleX導入前

HPC Gateway for ScaleX導入前

“HPC Gateway for ScaleX”について

サーバーワークスでは、上記の課題を解決するため、”HPC Gateway for ScaleX”を企画開発し提供を開始いたしました。お客様拠点とScaleXの間にAWS環境を設置し、専用線であるDirect Connect経由でのRescale接続を実現します。

課題1のセキュリティへの対策としては、AWS上に中継用のサーバー(HPC Gatewayサーバー)を構築し、固定のIPアドレスを付与することで対応できます。お客様拠点とAWSの間はDirect Connect、 AWSとScaleX計算クラスターの間はVPC Peering経由で接続できます。

課題2の大容量データ転送の対策としては、HPC Gatewayサーバー経由でファイルを転送することで改善できます。ScaleX上のファイルは、一般的にはRescaleが管理するAmazon S3(高可用性ファイルストレージ)へ保存されます。従ってこの場合、ScaleXからHPC Gatewayサーバーへのファイルダウンロードは、AWS内の通信で完結するため高いデータ転送効率を期待できます。 HPC Gatewayサーバーからお客様拠点までのダウンロードはDirect Connect経由になるため、インターネットの帯域を圧迫する心配はありません。

HPC Gateway for ScaleX導入後

HPC Gateway for ScaleX導入後

まとめ

“HPC Gateway for ScaleX”を利用することにより、ScaleX利用時のセキュリティレベルとファイルのダウンロード効率を高めることができます。また、AWS上にデスクトップサーバーを構築することにより、ファイルをダウンロードせずに客様固有の可視化ツールを使用してシミュレーション結果を確認することも可能です。詳しくはお問い合わせください。

株式会社サーバーワークスについて

サーバーワークスは、2008年よりAWSに特化したAWS導入支援サービスを提供しているクラウドインテグレーターです。
2017年3月現在、500社、2,800プロジェクトを超えるAWS導入実績を誇っており、2014年10月よりAPN (AWS Partner Network (※1)) の最上位パートナー「プレミアコンサルティングパートナー」に3年連続で認定されています。また、2016年11月には、APNのマネージドサービスプロバイダー(MSP)3.0プログラムを取得、2016年には移行コンピテンシーなど多くの資格を獲得し、AWS事業を継続的に拡大させております。
https://aws.amazon.com/partners/find/partnerdetails/?id=001E000000NaBHzIAN (英語)

This article was written by Rescale Japan.

Gartner Cool Vendor 2017 image

San Francisco, CA — Rescale, the turnkey platform provider in cloud high performance computing, today announced that it has been named a “Cool Vendor” based on the May 2017 report “Cool Vendors in Cloud Infrastructure, 2017” by leading industry analyst firm Gartner.

The report makes recommendations for infrastructure and operations (I&O) leaders seeking to modernize and exploit more agile solutions, including the following:

  • “I&O leaders should examine these Cool Vendors closely and leverage the opportunities that they provide.”
  • “As enterprises grapple with the right mix of on-premises, off-premises and native cloud, choosing a cloud infrastructure vendor becomes more critical.”

Continue reading

This article was written by Rescale.