プロダクトマネージメント担当ディレクター、 による投稿です。 原文はこちら

2018年に入り、Rescaleで我々は、シリコンバレーで最も急速に成長しているエンタープライズソフトウェア企業としての勢いを維持し、とりわけクラウドHPCにおいて最先端技術の進化を続けられることに興奮しています。

2017年は当社の製品チームにとって忙しい一年でした。昨年は、Skylakeを含む25の新しいアーキテクチャー、最新のNVIDIA GPU製品P100とV100新しいベアメタルプロバイダーとインテグレーションパートナー[1][2][3]へのアクセスをプラットフォームに追加しました。 HPCワークフローのサポートを強化し、再利用可能なクラスターブラウザー内SSHを導入し、大規模DOEのサポートを追加し、最適化フレームワークとANSYS RSMの大幅な改善を行いました。ライセンシングの観点からは、ANSYSおよびLS-DYNAのオンデマンド ペイパーユースライセンスを追加し、STAR-CCM+およびANSYSのライセンス可用性ベースのキューイングを提供し、ライセンスサーバーアクセスを自動化しました。(新しいスタートアップ向けのプログラムで使用) 。ネイティブクラウドのプレおよびポスト処理を実現するためにブラウザー内のデスクトップを導入しました。エンタープライズ管理者向けには、デポジットプライシングのサポート、スポットプライシング提供地域の拡大、ワークフロー/予算/データ制限の管理制御の機能を強化しました。データを安全に保つため、高度な接続セキュリティーと企業向けのアウトバウンドインターネットブロッキングも追加しました。最後に、ScaleX Labsを使用したIntelの最新アーキテクチャーへの早期アクセスプログラムを提供しました。

Continue reading

This article was written by Rescale Japan.

日本語版の掲載が遅くなってしまいましたが、当社CEO Joris Poortが昨年末に投稿した、2017年を振り返った記事の翻訳です。原文はこちらになります。

Rescaleによって何百もの大手企業でイノベーションの加速とビッグコンピュートが強化

今年の終わりを迎えて、私はRescaleで成し遂げた進歩を皆さんに共有できることに大変興奮しています。当社は、Big ComputeとクラウドHPCソリューションをマーケットでリードするだけでなく、市場で最も急速に成長しているエンタープライズソフトウェア企業の1つです。昨年は、100以上の新規企業顧客を獲得し、航空宇宙、自動車、ライフサイエンス、大学の複数の主要な産業分野で急速に成長し、また、アメリカ、ヨーロッパ、アジアの世界の広範囲にわたる地域での展開を加速するなど、忙しい一年になりました。

当社の顧客は、ScaleX Enterpriseプラットフォームと各業界ソリューションのポートフォリオに深く関わっています。 ScaleXプラットフォームの使用量が1年を通して毎月30%づつ増加たことで、数多くのシリコンバレーの投資家がRescaleを2017年に最も成長率の高いエンタープライズソフトウェア企業として評価しています。顧客は、複雑な航空力学に関する開発を行うエアバス社、韓国で最初のクラウドベースのエンジニアリング環境を導入したLSIS社、企業全体でハイブリッドHPCを導入しているRWDI、次世代超音速ジェットライナーを開発するBoom Supersonic社などがあります。

Continue reading

This article was written by Rescale Japan.

クラウドHPCのリーディングプロバイダーであるRescaleは、エンジニアリングや科学、および数学分野におけるシミュレーションや科学技術計算向けにクラウドの巨大なコンピュートリソースを提供するために設計されたRescaleのScaleX(SaaSプラットフォーム)から顧客がアンシス社が提供するANSYS Elastic Licensingを直接購入し利用できるようになったことを発表しました。

ANSYS Elastic Licensingは、構造、流体、およびエレクトロニクスソリューションを含むANSYSのエンジニアリングシミュレーション製品群に向けた、従量制のライセンスモデルです。 ScaleXでのANSYSシミュレーションソフトウェアの提供によって、ほとんどすべての業界の企業が、製品の設計や市場投入方法に変革をもたらすことになります。

Continue reading

This article was written by Rescale Japan.

本稿は、Metabiota社のデータサイエンティスト、Kierste Millerによる寄稿です。

MetabiotaMetabiotaで私たちは、感染症とその感染経路の解明に強く心を奪われています。感染症の流行は地球全体に大きなリスクをもたらします。しかし、これらを予測し、監視することは非常に困難です。当社のチームは、保険、民間企業および政府機関のために感染症伝播リスクモデルを作成し、このような一見することのできないリスクを定量化するという課題に取り組んでいます。私たちのエンドユーザーは、感染症の流行に起因する人的または財政的な一定レベルの損失を被る確率を知ることに関心があります。

損失の可能性を評価するために、世界中の疾病伝播事象を予測するのにふさわしいモデルを”シリコン内で”(すなわち、コンピューターシミュレーションによって)作成します。例えば、我々のシミュレーターは、パンデミック・インフルエンザの潜在的な拡散、ならびに2003年のSARSおよび2014年の西アフリカ・エボラ・イベントに類似したアウトブレイクを描写します。私たちは、病気の出現場所、感染速度、感染した人の数、結果として生じる医療利用率と死亡率を確率論的にモデル化します。当社の顧客は、これらの事象に関係する費用に関心を持つことが多いため、経済的影響を定量化する財務モデルとアウトブレイクに関連する保険金請求とを組み合わせています。全体として、私たちは、病気の流行によって引き起こされる潜在的な金銭的損失および人的損失の推定を可能にする、シミュレーションされた非常に大きな事象のセットを作成しています。

Continue reading

This article was written by Rescale Japan.