In-Browser SSH(ブラウザー上でのセキュアシェル)の紹介:クラスターノードへの最速のアクセス方法

RescaleのアプリケーションエンジニアであるAlex Huangがポストしたブログ記事の翻訳です。

Alex Huang – 2017年2月20日

このたびRescaleは、当社のプラットフォームで利用可能な強力な新機能、In-Browser SSH(ブラウザー上でのセキュアシェル)を導入しました。Linuxをサポートしているプロバイダーのコンピューティングクラスターを使用するジョブであれば、Live Tailigパネル(テールパネル)の下に実行中のクラスターに接続するためのSSHパネルが表示され、SSHを利用できます。

新しいIn-Browser SSH接続パネル

SSHがサポートされているハードウェア上で実行されるジョブの場合は、ジョブ設定でSSH公開鍵の設定をしていなくても使用可能です。ただし、SSH接続の必要性があり最大限に利用したい場合は、公開鍵を設定しておくことをお勧めします。

In-Browser SSHセッションを起動するには、2つの方法があります。IPリンクをクリックすると、SSHパネルに直接タブが開きます。右側のポップアウトアイコンをクリックすると、最大化された新しいブラウザーウィンドウ/タブが作成されSSHセッションが開始します。

IPリンク(赤枠)をクリックすると、SSH SessionタブにIn-Browser SSHパネルが開きます。別ウィンドウ/タブでセッションを開くには、ポップアウトリンク(青色の丸で囲んだ部分)をクリックします

新しいSSHセッションをタブで開いた場合、SSHセッションパネルにタブが開きます。 ANSIカラーがサポートされています

さらに、マルチノードクラスターを使用している場合、クラスターを構成する各ノードへの接続リンクが表示されます。これは、クラスター内の異なるノードにすばやく接続したい場合に非常に便利です。

クラスター内の別々のノードごとに接続エントリが表示されます

現在のところ、アクティブなSSHタブは、ジョブステータスビューがアクティブな状態のときだけ持続することに注意してください。つまり、[ステータス]ビューから[結果]ビューに切り替えた後に戻った場合は、SSHパネルは閉じられています。 SSHセッションを維持する必要がある場合は、別のブラウザウィンドウまたはタブでセッションを開始することをお勧めします。

In-Browser SSHターミナルはHTML Canvas要素を使用するため、コピー&ペーストは仲介用のクリップボードを経由する必要があります。それを開くには、SSHウィンドウの右上隅にある小さなタブをクリックします。このサイドパネルのテキストボックス内にあるものはすべてSSHセッションで使用できます。貼り付けには、WindowsではCtrl + Shift + V、MacではCommand + Vを使用します。

ブラウザ内のSSHパネルの右上隅にあるタブ(赤枠)をクリックして、クリップボードペインを切り替えます

HTML Canvasを経由するSSHのサポートは、グラフィカルデバイスが使用されないことを意味します。つまり、これはX11転送なしのテキストモードのみです。 X11転送が必要な場合は、適切なX11サポートがインストールされたOSのネイティブ端末を使用する必要があります。

また、ブラウザ内のSSHパネルは、そのジョブの所有者だけが利用できることに注意してください。ジョブ共有機能を使用してジョブを共有した場合は、ジョブの受信者はクラスターへのSSHアクセスを自動的に取得しません。

This article was written by Rescale Japan.