本稿は、株式会社サーバーワークスの白鳥様による寄稿です。

白鳥 貴久(しらとり たかひさ)
サーバーワークス クラウドインテグレーション部 技術1課
流体工学の分野で博士(工学)の学位を取得後、2015年4月にサーバーワークスに入社。ネットリサーチ企業のログ分析基盤、国立研究開発法人の画像解析基盤、複合機メーカーのCAE基盤などの構築を担当。

データ転送時のセキュリティと転送効率の向上を実現する”HPC Gateway for ScaleX”

クラウドの計算能力とセキュリティが向上したことにより、製造業や研究機関のお客様がクラウド上で大規模シミュレーションを行う事例が増えてきました。

Rescale ScaleXプラットフォーム(以下ScaleX)は、CAEアプリケーションとその動作環境の管理をすべてRescaleに任せられることから、多くのお客様での採用が広がっています。

エンタープライズのお客様がScaleXを使う上で、解決しなければならない課題が大きく2つあります。1つめはクラウドへのアクセス時のセキュリティ、2つめはお客様拠点とクラウド間での大容量データ転送です。

課題1: クラウドへのアクセス時のセキュリティ

エンタープライズのお客様は、セキュリティポリシーで、外部サーバーへのSSHやRDP接続を制限している場合が多いです。これらの接続は、事前申請したIPアドレスのみに対して許可されているケースがほとんどです。しかし、ScaleX上に構築されるクラスターのIPアドレスは可変であるため、セキュリティポリシーを満たしたうえでSSH接続することが困難でした。

課題2: お客様拠点とクラウド間での大容量データ転送

シミュレーションの結果を確認するため、出力ファイルをダウンロードして可視化することがよくあります。ジョブ内容にもよりますが、出力ファイルが数10GB〜数100GBのサイズになることもあります。したがってインターネット経由のダウンロードは、他の業務に影響が出ないようにするには帯域を絞る必要があり、ダウンロードに時間を要することとなります。

HPC Gateway for ScaleX導入前

HPC Gateway for ScaleX導入前

“HPC Gateway for ScaleX”について

サーバーワークスでは、上記の課題を解決するため、”HPC Gateway for ScaleX”を企画開発し提供を開始いたしました。お客様拠点とScaleXの間にAWS環境を設置し、専用線であるDirect Connect経由でのRescale接続を実現します。

課題1のセキュリティへの対策としては、AWS上に中継用のサーバー(HPC Gatewayサーバー)を構築し、固定のIPアドレスを付与することで対応できます。お客様拠点とAWSの間はDirect Connect、 AWSとScaleX計算クラスターの間はVPC Peering経由で接続できます。

課題2の大容量データ転送の対策としては、HPC Gatewayサーバー経由でファイルを転送することで改善できます。ScaleX上のファイルは、一般的にはRescaleが管理するAmazon S3(高可用性ファイルストレージ)へ保存されます。従ってこの場合、ScaleXからHPC Gatewayサーバーへのファイルダウンロードは、AWS内の通信で完結するため高いデータ転送効率を期待できます。 HPC Gatewayサーバーからお客様拠点までのダウンロードはDirect Connect経由になるため、インターネットの帯域を圧迫する心配はありません。

HPC Gateway for ScaleX導入後

HPC Gateway for ScaleX導入後

まとめ

“HPC Gateway for ScaleX”を利用することにより、ScaleX利用時のセキュリティレベルとファイルのダウンロード効率を高めることができます。また、AWS上にデスクトップサーバーを構築することにより、ファイルをダウンロードせずに客様固有の可視化ツールを使用してシミュレーション結果を確認することも可能です。詳しくはお問い合わせください。

株式会社サーバーワークスについて

サーバーワークスは、2008年よりAWSに特化したAWS導入支援サービスを提供しているクラウドインテグレーターです。
2017年3月現在、500社、2,800プロジェクトを超えるAWS導入実績を誇っており、2014年10月よりAPN (AWS Partner Network (※1)) の最上位パートナー「プレミアコンサルティングパートナー」に3年連続で認定されています。また、2016年11月には、APNのマネージドサービスプロバイダー(MSP)3.0プログラムを取得、2016年には移行コンピテンシーなど多くの資格を獲得し、AWS事業を継続的に拡大させております。
https://aws.amazon.com/partners/find/partnerdetails/?id=001E000000NaBHzIAN (英語)

This article was written by Rescale Japan.

Rescale, Inc.は、ダッソー・システムズ、SIMULIAブランド傘下のComputer Simulation Technology(CST®)社とパートナーシップを結び、Rescaleが提供する世界最大級のハイパフォーマンスコンピューティングプラットフォームであるScaleXにCST STUDIO SUITEをサポートし、エンジニアや科学者へ高性能シミュレーション環境を提供することを発表いたしました。

CST STUDIO SUITEは、電磁界シミュレーション用のクラス最高のソフトウェアパッケージです。顧客は、大規模なシステムレベルのシミュレーションに高性能のITリソースを必要とすることがよくあります。特にマルチパラメーター最適化では、ランタイムを短縮することによって設計に掛かる処理量と製品の市場投入までの時間を短縮できます。そのようなITリソースは伝統的にはオンプレミスで利用されていましたが、ハードウェア導入や設定、管理維持に多大コストが掛かるにもかかわらず、新しい技術の登場によって3年程度で陳腐化される傾向があります。 Rescaleは、この状況に対応する代替案になるスケーラブルでセキュアなターンキー型のクラウドプラットフォームを提供しています。CST STUDIO SUITEは、この最先端のハードウェアをサポートする世界でも有数な高性能コンピュータネットワーク上で動作します。

今回のパートナーシップによって、CSTのお客様は、RescaleのScaleXプラットフォームで事前設定がされたCST STUDIO SUITEを、既にお持ちのライセンスで利用することができるようになります。RescaleのScaleXプラットフォームはブラウザーからアクセスすることでき、CST STUDIO SUITEユーザーは世界中の30以上の地域にある60以上のデータセンターからなるRescaleのグローバルマルチクラウドHPCネットワーク上で高度なエンジニアリングシミュレーションを実行できます。高い処理能力を必要とするユーザーは、ScaleXを利用することにより数千のコアへのスケールアウトが可能になり、低価格で利用できるHPC構成から最先端のベアメタルシステム、低レイテンシーのInfiniBandインターコネクト、インテルやNVIDIAの最新GPUなどのCST STUDIO SUITEの稼働条件に最適化された各種ハードウェア構成を選択できます。

RescaleのScaleXプラットフォームには管理ツールやコラボレーションツールが組み込まれているため、チームメンバーとジョブを共有したりリソースの管理を行うことができます。さらに、エンタープライズ管理者は、ISO27001および27017、SOC2 タイプ2、ITAR、およびHIPAAなどの最高レベルのセキュリティ基準を満たすプラットフォーム上で、多要素認証、シングルサインオン、およびIPアドレス制限の設定などのクラス最高のセキュリティ機能を利用することができます。

「ダッソー・システムズのSIMULIAブランド傘下の新パートナーであるCSTと提携することに非常に興奮しています。CST STUDIO SUITEユーザーは、Rescaleが電磁界シミュレーションなどの計算量の多いツールに対してもたらす、高速で柔軟性のある、安全で巨大なオンデマンドリソースの恩恵を受けると確信しています。」RescaleのCEO、Joris Poortは述べています。

CSTのグローバルマーケティングディレクター、Dr. Martin Timmは、次のように述べています。「CST STUDIO SUITEは、世界クラスの電磁界シミュレーションのためのさまざまな数値法に基づいた高度かつ包括的ソルバーエンジンを提供します。これらのエンジンは、さまざまなタイプのハードウェアに最適化され実行します。RescaleのScaleXプラットフォームで利用できるようになることで、お客様はツールスイート全体で最高のパフォーマンスにアクセスできます。」

Rescaleは、2017年4月27 – 28日にドイツダルムシュタットで開催されるCST European User Conference2017にてブースを設け、CST STUDIO SUITEをRescaleのScaleXクラウドHPCプラットフォーム上で実行する利点についてプレゼンテーションを行います。
また、Rescale Japanは、2017年5月18日に東京品川で開催されるCST ユーザーグループミーティング2017に参加し、展示とプレゼンテーションを行います。

Rescaleについて
Rescaleは、企業でのハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)、シミュレーション、およびディープラーニング(深層学習)を実行するための最先端のターンキー・プラットフォームを提供するトップベンダーです。RescaleのScaleXプラットフォームは、200種を超えるソフトウェアと世界最大かつ最も強力なHPCネットワーク上に構築された柔軟なハイブリッド、プライベート、パブリックのクラウドリソースを活用するスケーラブルでセキュアなオンデマンド・クラウドHPC環境です。ScaleXを利用することで設計者や研究者は、工学設計から科学技術計算、およびディープラーニングに至る幅広い分野において、より速く、より良い成果を得ることができます。
RescaleのScaleXプラットフォームの詳細については、www.rescale.jp を参照してください。

This article was written by Rescale Japan.

Intel®Xeon Phi™プロセッサーとIntel® Omni-Pathアーキテクチャーを搭載した、次世代の計算能力をクラウドへ提供

Rescale, Inc.は、R Systems社が管理するハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)インフラストラクチャー上で、Intel®Xeon Phi™プロセッサーとIntel® Omni-Path Fabric を搭載した最先端技術へのアクセスをを提供するプラットフォーム、ScaleX Labsを発表しました。このコラボレーションにより、Rescaleの大規模計算向けのクラウドプラットフォームに、驚異的なスピードの次世代計算環境をもたらすことになります。

Intel Xeon Phiプロセッサーは、ブート可能なホスト・プロセッサーで、最も要求の厳しいHPCアプリケーションをサポートするために大規模な並列処理とベクトル計算を実現します。RescaleとインテルおよびR Systems NA, Inc.(以下、R Systems)とのコラボレーションによって実現したこのクラウドソリューションは、Intel Omni-Path Fabricを採用しており、高速かつ低遅延のパフォーマンスを実現します。R Systemsはイリノイ州シャンペーンにあるHPCデータセンターでIntelの技術をホスティングしており、インテルのハードウェアをRescaleを通じてシームレスにクラウドにアクセスできるようにするため、精緻な実装とメンテナンスを提供しています。R Systemsの社長であるBrian Kucic氏は次のように述べています。「これは、R SystemsがRescaleとインテルとのパートナーシップを通じてHPCリサーチコミュニティーに最先端のベアメタル技術を提供しているひとつの例です。

Rescaleは、これらの優れたHPC機能を当社の大規模コンピューティング向けクラウドプラットフォームScaleX Proを通じて、4週間無料でユーザーに提供します。ScaleX Proは、年間SOC 2 Type2認証、ITARおよびEAR-2認証を含むクラス最高のセキュリティプロトコルと認証に基づいており、ジョブ実行(プレおよびポストプロセッシングを含む)および関係者とのシームレスな共同作業のための直感的なGUIをユーザーに提供します。ScaleX Labsユーザーは、ソフトウェア開発者がScaleXプラットフォームで独自のソフトウェアを作成、公開、実行することを可能にするRescale製品であるScaleX Developerのベータ版へアクセスすることもできます。Rescaleのクラウドへのソフトウェアの開発と展開は容易で、ScaleX Developerとシームレスです。ScaleX Developerは、Rescaleの他のScaleX製品と同じGUIワークフローに従っており、Rescaleの仕組みに関する特別な知識は必要ありません。

RescaleのCEOであるJoris Poortは次のように述べています。「インテルの最新プロセッサーと相互接続用のリモートアクセスプラットフォームを提供できることを喜ばしく思います。当社の顧客はパフォーマンスと利便性の両方を重視しています。Intel Xeon Phiプロセッサーを搭載したScaleX Labsは、非常に高いパフォーマンスを提供する利便性の高い統合されたクラウドHPCソリューションであり、誰もが利用できる価格で提供します。」

インテル社アクセラレーテッド・ワークロード・グループのBarry Davisゼネラルマネージャーは、「インテルは、Intel®Xeon®プロセッサーと低レイテンシーのインテル®Omni-Pathアーキテクチャーを含む、ハイパフォーマンスコンピューティングのためのバランスの取れたポートフォリオを提供するために投資を行っています。Intel Xeon Phiプロセッサーを搭載するScaleX Labsは、新しい発見と革新を促進するHPCアプリケーションの採用の拡大とともに、クラウドのハイパフォーマンスコンピューティング機能にアクセスする機会を顧客に提供しています。」

ScaleX LabでIntel Xeon Phiプロセッサーを試用してみる

Rescaleについて
Rescaleは、企業でのハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)、シミュレーション、およびディープラーニング(深層学習)を実行するための最先端のターンキー・プラットフォームを提供するトップベンダーです。RescaleのScaleXプラットフォームは、200種を超えるソフトウェアと世界最大かつ最も強力なHPCネットワーク上に構築された柔軟なハイブリッド、プライベート、パブリックのクラウドリソースを活用するスケーラブルでセキュアなオンデマンド・クラウドHPC環境です。ScaleXを利用することで設計者や研究者は、工学設計から科学技術計算、およびディープラーニングに至る幅広い分野において、より速く、より良い成果を得ることができます。
RescaleのScaleXプロパティプラットフォームの詳細については、www.rescale.jp を参照してください。

R Systemsについて
R Systems は、HPC向けのコンピューティングリソースを提供するサービスプロバイダーです。同社は知識豊かな技術チームによる最先端技術を提供しており、最高のパフォーマンス提供する集約された作業環境を提供するための研究に力を入れています。業界をリードする価格で短期および長期プロジェクト向けのリソース貸し出しや、オンプレミスリソースのバースト時に対応するための時間単位での提供を行っています。研究者、科学者、エンジニアがソリューションの時間を大幅に短縮できるよう支援することがR Systemsの主要なミッションです。詳細については、www.rsystemsinc.comをご覧ください。

This article was written by Rescale Japan.

EDEM

RescaleとEDEMは、ハイ・パフォーマンス・コンピューティングのためのスケーラブルでオンデマンドのクラウドプラットフォームであるRescale ScaleXプラットフォーム上で、EDEM GPUソルバーエンジンをサポートしたことを発表しました。GPUソルバーは、EDEMの最新リリースにおける最も重要な追加機能で、シングルノードでのCPUのみのジョブ実行と比較して、パフォーマンスが2倍から10倍に向上します。

EDEMは、鉱業、建設、およびその他の産業分野においてバルク材料・粒子を処理する機器を仮想試験するための離散要素法技術(Discrete Element Method、DEM)シミュレーションソフトウェアを提供しています。EDEMソフトウェアは、2016年7月よりRescale ScaleXプラットフォームで利用可能となっています。

EDEMのCEO、Richard LaRocheは次のようにコメントしています。「EDEM GPUソルバーの導入は、大規模なシミュレーションをより速く実行できるようにすることで、顧客の生産性向上に多大なインパクトを提供します。Rescaleとのパートナーシップにより、より多くのユーザーがRescaleのクラウドプラットフォームを通じて最新GPUにアクセスすることによってDEMエンジンのパワーを活用できるようになります」

Rescaleプラットフォーム上でのGPUソルバーのサポートによって、ユーザーはより短い時間で処理結果を得られ、設計革新に深い影響を与えることができます。RescaleでのEDEMのGPUソルバーのサポートは、両社のパートナーシップの強化も意味します。

RescaleのCEO、Joris Poort氏は次のように述べます。「RescaleのGPUは最先端のコンピューティングハードウェアです。また、EDEMはGPU機能活用のためのソフトウェア最適化に関して先行しています。私たちは、この先進的なシミュレーションソリューションをクラウドにもたらし、あらゆる場所のエンジニアにHPCを容易に利用可能にするためのパートナーとして誇りに思っています」

EDEMについて
EDEMは、バルク材料・粒子シミュレーションのマーケットをリードする離散要素法技術(Discrete Element Method、DEM)ソフトウェアです。EDEMソフトウェアは、鉱業、建設機器、オフロード車、農業機械、およびプロセス産業の製造においてバルク材料を処理または処理する機器の「仮想試験」に使用されます。世界中の優良企業はEDEMを使用して機器設計の最適化、生産性の向上、運用コストの削減、製品開発サイクルの短縮、製品革新の推進に努めています。さらに、EDEMは世界中の200以上の学術機関での研究に使用されています。詳細については、www.edemsimulation.comをご覧ください。

Rescaleについて
Rescaleは、企業でのハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)シミュレーション、およびディープラーニング(深層学習)を実行するための最先端のターンキー・プラットフォームを提供するトップベンダーです。RescaleのScaleXプラットフォームは、180種を超えるソフトウェアと世界最大かつ最も強力なHPCネットワーク上に構築された柔軟なハイブリッド、プライベート、パブリックのクラウドリソースを活用するスケーラブルでセキュアなオンデマンド・クラウドHPC環境です。ScaleXを利用することで設計者や研究者は、工学設計から科学技術計算、およびディープラーニングに至る幅広い分野において、より速く、より良い成果を得ることができます。

This article was written by Rescale Japan.