Rescaleが、ESSS社とのパートナーシップによって中南米マーケットへANSYSソフトウェア向けクラウドソリューションを提供

ESSS image

Rescale, Inc.は、ブラジルに拠点を置くANSYSチャネルパートナーであるEngineering Simulation and Scientific Software Ltd.(以下、「ESSS」)とのチャネルパートナーシップを発表し、中南米のESSSの顧客向けにカスタマイズされたクラウドソリューションを提供することを発表しました。 ESSSは、ANSYS CFD、ANSYS Mechanical、ANSYS Multiphysics、ANSYS Electronics、RockyなどのCAEソフトウェアのライセンスをラテンアメリカ市場に導入し、革新的なマルチフィジックスCAEソリューションを提供します。

今回のパートナーシップは、Rescaleのハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)向けのターンキー・プラットフォームを介してラテンアメリカのエンジニアにANSYSソフトウェアを提供し、オンデマンドのPay-as-You-Goクラウドコンピュートインフラストラクチャーを活用することにより、シミュレーションの大幅な高速化と設計スループットの向上を実現します。今回の提携により、Rescaleは、顧客がクラウドを利用してシミュレーションや他のHPCワークロードを効果的に実行することができなかったラテンアメリカ市場において、ビジネスの拡大とより効果的なサポートを提供することが可能になりました。

RescaleのSales VPであるTony Spagnuoloは、ESSSとのパートナーシップに関して次のように述べています。「このパートナーシップによってRescaleは、中南米のエンジニアへその膨大なシミュレーションスケーリングを紹介できるようになりました。ラテンアメリカ市場におけるESSSの存在感やそのマーケットへの知見と、Rescaleのターンキークラウドシミュレーションプラットフォームとの相乗効果は、中南米のANSYSユーザーに広く受け入れられると確信しています。」

ESSSのVPで共同設立者でもあるMarcus Reis氏も同様に、この進展が相互に有益であると考えています。「ESSSは、Rescaleと協力して、中南米地域のANSYSクライアントにターンキークラウドソリューションを提供できることに非常に満足しています。 ダイナミックで予測不可能な顧客のシミュレーションの要求に対応する当社のサービス能力が、Rescaleによって強化されます。」

ESSSについて
ESSSは、顧客がANSYSのマルチフィジックス・ポートフォリオを完全に活用できるようにすると同時に、最高水準の顧客サポートと関連エンジニアリング・サービスの提供と、数値シミュレーション・ソリューションを市場に提供することで国際的に評価されている企業です。ESSSは、アルゼンチン、チリ、コロンビア、ペルー、スペインに子会社を設立し、ブラジルを超えて事業を拡大しています。 ESSSの顧客基盤は、石油・ガス、航空宇宙、自動車、エネルギーなど幅広い業界の500社以上の企業で構成されています。詳細は、www.esss.com.brをご覧ください。

This article was written by Rescale Japan.